アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
2010/11/15(月)17:01
ガンビア フェミ・ピータース

フェミ・ピータースは2010年12月10日に釈放されました。
詳しくはこちらで。

AFR 27/008/2010

野党である統一民主党のキャンペーン・マネージャーであるフェミ・ピータースは2009年10月25日に統一民主党が計画した平和的デモの最中に逮捕された。フェミ・ピータースは現在、劣悪な環境下で1年間服役をしている。フェミ・ピータースは糖尿病とマラリアを患っており、彼の健康の悪化が懸念されている。

フェミ
警察は国家安全保障への脅威と暴力的な抗議行動の恐れがあるとして、ガンビアの西海岸にある都市、セレクンダでのデモ行進を許可しなかった。フェミ・ピータースは治安維持法にもとづき必要とされる警察監察総監室の許可なく、「デモ行進の指揮および公共の場での拡声器の使用の指揮」の罪で起訴された。

数カ月間続いた裁判の後、2010年4月1日フェミ・ピータースは有罪判決を受け、1年の懲役刑と罰金1万ダラシ(363USドル)を科せられた。フェミ・ピータースは裁判前は保釈されていたので2011年の3月頃に刑期を終える見通しとなっている。アムネスティ・インターナショナルはフェミ・ピータースを良心の囚人とみなし、彼の即時無条件釈放を要請している。

高等裁判所でのフェミ・ピータースの控訴は2010年8月5日却下された。彼の弁護士は上訴裁判所に新たに控訴を提出した。この控訴に対する審理は2010年10月に始まると予想されている。

フェミ・ピータースの悪化する健康状態とマイル2刑務所での劣悪な環境が懸念されている。フェミ・ピータースは糖尿病とマラリアを患っている。家族はフェミ•ピータースがどちらの病気についても適切な治療を受けていないのではないかと心配している。また、家族は彼との面会を許可されていないとアムネスティに語った。

今こそ行動を起こしてください
1. 検事総長兼法務大臣に手紙を書いてください。
・アムネスティはフェミ・ピータースを良心の囚人とみなしていることを指摘し、彼の即時無条件釈放を要請する。
・フェミ・ピータースが適切で継続した治療を受けること、そして彼が家族とその他の訪問者との面会を許可されるよう要請する。
・ガンビア政府当局に表現の自由、結社の自由、そして平和的集会のそれぞれの権利を保証するよう求める。

手紙の宛先
(検事総長兼法務大臣)
Hon. Edward Gomez
Attorney General and Minister of Justice
Department of State for Justice
Marina Parade
Banjul
The Gambia

(アピール例文)
Dear Attorney General and Minister of Justice,

I am writing to express my deep concern about Femi Peters that Amnesty International considers him to be a prisoner of conscience.

I call for his immediate and unconditional release, and I further urge you that Femi Peters receives adequate and ongoing medical treatment and that he be allowed to access to his family and other visitors.

I also urge you to guarantee the right to freedom of expression, freedom of association and peaceful assembly.

Sincerely yours,

2. フェミ・ピータースに励ましの手紙を送ってください(彼の弁護士であるUDP代表オウサイノウ・ダーボエを経由して)

手紙の例文
私は良心の囚人であるあなたに、私の連帯の気持ちを伝えるために手紙を書いています。
私たちは法務省にあなたの自由を求めて手紙を書き、表現の自由、結社の自由、そして平和的集会のそれぞれの権利の保証を要請しています。

I am writing to express my solidarity with you as a prisoner of conscience. We are writing to the Department of State for Justice to campaign for your freedom and calling for the Gambian authorities to guarantee the right to freedom of expression, freedom of association and peaceful assembly.

手紙の宛先
Ousainou Darboe
2 OAU Boulevard
Banjul
The Gambia
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/97-e229951e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX