アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/13(木)19:43
以下はアムネスティ・インターナショナル国際事務局のブログ、Livewireに掲載されたものの翻訳です。

原文はこちらから
http://livewire.amnesty.org/2012/12/10/the-word-hope-waiting-for-a-husband-to-come-back-home/

「希望」という言葉:夫の帰宅を待ち続けて
2012年12月10日

ベラルーシの著名な人権活動家であり良心の囚人であるアレス・ビアリアツキの妻、ナタリア・ピンチュクのインタビュー。アレスは世界的な手紙書イベントであるライティングマラソン2012で取り上げられている。
スヴェトラーナ・ボロビェーヤ(アムネスティ・インターナショナル)

私はインタビューの前は少し神経質でした。近親者が不公平な裁判後に投獄された人びとと話すことはいつも困難です。ナタリアとアレスは結婚25年目です。アレスが逮捕されてから1年半、彼女がどうであったのかを想像することは難しいです。私が直接ナタリアと話したのは初めてでした。数分後には私は彼女の強さと勇気に感動していました。

アレス・ビアリアツキは2011年8月4日午後に逮捕されました。彼、ナタリアと彼らの息子アダムは、田舎への旅行した後ミンスクの彼らのアパートにちょうど戻ったところでした。アレスは、彼らのアパートの捜査令状を見せた私服警官たちとともに、外に出て、しばらくして戻ってきました。別の捜索のためにアレスの職場に彼を連れて行った後、警官たちは「大規模な収入の隠蔽」罪で彼を逮捕しました。

この容疑はアレスの団体、2003年にベラルーシ当局によって認定を取り消されたビアスナ人権センターに関係しています。ベラルーシでは団体名義の銀行口座を開くことができませんので、アレスは活動資金のために近隣国の彼個人の口座を使用しました。彼や同僚たちは何度も団体を再登録しようとして失敗していました。

ナタリアはこう話しました。「ビアスナが取り消された後、当局は違法で未登録の団体であるとみなしました。このことにもかかわらず、アレスと団体は政府によって苦しめられた人びとを助けていました。これは彼の仕事であっただけではなく、状況への深い理解と、困っている人びとを助けたいという心からの願望でした。」

2011年11月24日、アレスは不公正な裁判の後、4年半の拘禁刑を受けました。ナタリアはこの結果を予想していたと私に言いました。人権侵害、とくに表現、集会および結社の自由の侵害が当たり前の国で他の何を予想できるのでしょうか? 毎日のように人権擁護活動家や野党政治家は、自分たちの権利を行使しただけで、嫌がらせを受け、拘禁されており、数年間も投獄される人もいるのです。

ナタリアと私は昨年からの孤独について話をしました。アレスは投獄され、彼らの息子は現在海外で暮らしています。「私の人生に関係があるものはみな、アレスに直接関係しています。だから彼の不在はとても大きいです」とナタリアは話しました。

何度も、ナタリアは長年にわたって彼らを支援しているすべての人に感謝しました。「彼に代わって感謝の気持ちを表したいと思います。このような困難な時にアレスを支援しているすべての人に。彼はそのことを知っていますし、そう感じています。最も重要なことです。」

将来への彼女の夢に関する私の質問に対し、ナタリアはこう答えました「私は、私の語彙から『希望』という言葉を取り除くことを学びました。なぜなら私たちの希望を何度も失ったからです。その後は、希望を失うことは非常に苦痛で困難になりました。」

しかしながら、私たちのインタビューの後、ナタリアは私にこう書きました。「私は『希望』という言葉を避けると言いました。しかしとにかく、あなた方がしていることが良い結果となり、アレスが釈放されるだろうという希望を持っています。」

結局のところ、彼女のすべての勇気と強さの裏にあるのは、夫がいなくて寂しく思う、彼が家に戻るのを待っている女性なのです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/275-a6e2cf1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。