アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
2012/10/30(火)15:44
スーダン ギリフナ

AFR 54/037/2012

ギリフナの物語

ギリフナ(「私たちはもううんざりだ」という意味)は、スーダンで政府に対し非暴力抵抗運動を行なっているスーダンの若者の団体である。 主に大学生から成るこの運動は2009年10月に設立された。 それ以来メンバーたちは、恣意的逮捕、拘禁、拷問、性的暴行を受けるなど、政府の標的となってきた。自宅からパソコンや他の機器を押収されたメンバーや、スーダンからの脱出を余儀なくされたメンバーもいる。

スーダン
ごく最近では、ギリフナは2012年6月に始まった相次ぐデモの後にスーダン政府の標的となった団体の1つである。ギリフナの複数のメンバーは 家族や弁護士と話すことができないまま拘禁されている。拘禁中に拷問を受けたと話すメンバーもいる。彼らを沈黙させようとする試みにもかかわらず、ギリフナは情報を広め、スーダンにおける人権の尊重と保護を求める平和的な抗議行動を含めた活動を行ない続けている。

ギリフナに連帯を表明してください

スーダンの若者の活動家たちの権利を支持する短いビデオメッセージを送ってください。 ビデオは最長90秒で、「ギリフナ」という言葉を言って終わるようにしてください。あなたの名前と国名を記してビデオを下記メールアドレスに送ってください。ビデオでは政治について触れないようにしてください。 
girifnasolidarity@gmail.com


内務大臣に手紙を書いてください

ギリフナのメンバーへの嫌がらせ、脅迫、恣意的逮捕、拘禁、拷問、およびその他の虐待を止めるよう要請すること。

(宛先)
Mr Ibrahim Mohamed Hamed
PO Box 873
Khartoum
Sudan

書き出し: Your Excellency

(例文)

Your Excellency,

I am writing to express my deep concern about Girifna, a Sudanese youth group calling for non-violent resistance to the government. Several members of Girifna have been detained without being able to speak to their families or lawyers.

I urge you to ensure that the authorities immediately and unconditionally release Girifna members who are being detained solely for exercising their right to freedom of expression, association and peaceful assembly.

I further call on the authorities to stop the harassment, intimidation, arbitrary arrest, detention, torture and other ill-treatment of Girifna members.

Sincerely yours,
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/244-13614a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX