アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
2011/11/04(金)17:16
イラン モハマド・サディク・カブドヴァンド

MDE 13/075/20111

イランのモハマド・サディク・カブドヴァンドは平和的に自分の意見を表明しただけで、10年の刑を受け、投獄されている。

イラン

人権擁護活動家でジャーナリストでもあり、イランの民族的少数派のクルド人であるモハマド・サディク・カブドヴァンドは、クルド人権機構の創設者かつ議長である。2004年まで、イランのクルド民族の文化的、社会的、政治的権利を促進する記事を掲載していた週刊新聞パヤメ・マルドメ・コルデスタンの編集者でもあった。パヤメ・マルドメ・コルデスタン紙は、「分離主義的思想を流布し,虚偽の記事を載せた」として2004年6月27日にイラン司法当局よって3年間の発行停止を受けた。この新聞はそれ以降再発行されていない。

モハマド・サディク・カブドヴァンドは2007年7月1日に逮捕されて以来,ほとんどの期間をテヘランのエヴィン刑務所に拘禁されている。逮捕は私服の治安職員によって行なわれ、その際に自宅からコンピュータ3台と書籍、写真、個人的な文書も押収された。彼は逮捕後40日間独居拘禁され、彼の説明によるとその間目隠しされ手足を縛られたまま尋問を受けたという。彼は自分の拘禁および尋問の状態への抗議のために8日間ハンガーストライキを行なった。その8日間、刑務所当局はトイレに行くためにも文書での正式な許可を求めるようにと彼に言った。この処遇のためにすでに不調だった腎臓の具合がさらに悪化した。

2008年5月、非公開裁判においてモハマド・サディク・カブドヴァンドはテヘランの革命裁判所第15法廷から11年の刑を言い渡された。控訴によって刑期が1年短縮されたが、彼の活動に関連した他の容疑によってさらに投獄される恐れがある。

伝えられるところでは、モハマド・サディク・カブドヴァンドは倒れて気を失ったことが数回あり、視野障害を患い、一時的な麻痺が起きたことがある。手術が必要な心臓疾患をはじめ彼の健康状態は悪い。今までのところ彼が受けた唯一の治療は痛み止めだけである。

今こそ行動を
司法長官に手紙を書いてください。
モハマド・サディク・カブドヴァンドに科せられた判決を取り消すように要請してください。
彼は、ジャーナリストとしての仕事と人権擁護の仕事を通じて、表現の自由と結社の自由の権利を平和的に行使しただけで投獄された良心の囚人であるので、即時無条件に釈放するように要請してください。
裁判が非公開であったことへの懸念を表明し、モハマド・サディク・カブドヴァンドが直ちに必要な医療を受けられるように要請してください。

手紙の宛先:
Head of Judiciary
Ayatollah Sadegh Larijani
Office of the Head of the Judiciary,
Pasteur St., Vali Asr Ave.
south of Serah-e Jomhouri, Tehran 1316814737,
Islamic Republic of Iran

Email: info@dadiran.ir (Subject line: FAO Ayatollah Larijani) or bia.judi@yahoo.com
書き出し: Your Excellency


(例文)

Your Excellency ,

I am writing about a human rights defender, journalist and member of Iran’s Kurdish minority, Mohammad Sadiq Kabudvand.

I urge you to overturn the prison sentence imposed on Mohammad Sadiq Kabudvand.

I further urge you to release Mohammad Sadiq Kabudvand immediately and unconditionally, as he is a prisoner of conscience held solely for the peaceful exercise of his rights to freedom of expression and association through his journalism and human rights work.

I also express concern that his trial was held behind closed doors, and urge you to allow Mohammad Sadiq Kabudvand immediate access to all necessary medical treatment.

Sincerely yours,

コピー宛先:  人権高等委員会事務局長
Secretary General, High Council for Human Rights
Mohammad Javad Larijani
High Council for Human Rights
C/O Office of the Head of the Judiciary
Pasteur St,
Vali Asr Ave.
south of Serah-e Jomhuri
Tehran 1316814737
Islamic Republic of Iran

Email: info@humanrights-iran.ir (In subject line: FAO Mohammad Javad Larijani)
書き出し: Dear Sir
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/171-2f70e860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX