アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
2011/11/03(木)11:52
スリランカ ラジハール・マノハラン

ASA 37/011/2011

ラジハール・マノハランと4人の同級生は2006年1月2日スリランカ治安部隊によって射殺された。銃撃を聞いたラジハール・マノハランの父は、彼の息子の殺害に関する調査に証拠を提出したために死の脅迫を受けている。

スリランカ

ラジハール・マノハランは1月2日午後7時頃にトリンコマリーの臨海地域で、話し合いのために集まった学生グループの一人だった。そこを通りかかったオートリクシャー(原動機付き軽三輪車)からグループに手榴弾が投げられ、学生たちは逃げた。数名がこの爆発で負傷した。その少し後に、特殊精鋭機動部隊と思われる10~15名の制服を着た警官が到着した。彼らは負傷した学生たちをジープに乗せ、ライフルの銃床で殴打したあと、路上に放り出した。目撃者によると、その際に5人の学生が射殺され、その中の一人がラジハール・マノハランだったという。

死の直前に、ラジハール・マノハランは取り乱した声で、治安部隊に包囲されていると父親の電話にメッセージを残した。彼の父、カシピッライ・マノハラン博士は、すぐさまその現場に駆けつけ、学生たちの命乞いする声と、銃が発射される音を耳にした。検死の結果、5人の学生は銃で撃たれた傷によって死亡したと結論づけられたにもかかわらず、治安部隊は手榴弾の攻撃によって死亡したと主張した。

2006年1月10日調査に証拠を提出して以降、マノハラン博士と彼の家族は、死の脅迫を含む脅しと嫌がらせを受けていた。最終的には彼らはスリランカを離れ、国外への亡命を強いられた。この殺害に関して治安部隊の隊員13名が拘束されたが、後に釈放された。他の11人の殺人事件と合わせて調査するために委員会が設置された。しかし委員会による報告書は直接大統領に届けられたが、公表されていない。徹底的な調査は行なわれず、ラジハールの殺害で裁判にかけられた者はいない。

マノハラン博士はそれ以来ずっと、息子の殺害に関して正義を求め、積極的に発言する運動家として活動を続けている。

1) スリランカ大統領に手紙を書いてください。
・大統領に対し、ラジハール・マノハランの家族に正義が与えられるべきであり、家族には彼らの息子に起こったことについて真実を知る権利がある、と指摘して下さい。
・2006年11月にラジハール・マノハランの殺害を調査するために設置された委員会の報告書が公表され、本件およびスリランカで起こった他の人権侵害に対して誠実な調査を実施するよう要請して下さい。

(アピール送付先)

(マヒンダ・ラジャパクサ大統領)
President Mahinda Rajapaksa
Presidential Secretariat
Colombo 1
Sri Lanka
Fax: 00-94 11 244 6657
Email: prsec@presidentsoffice.lk / lalith@icta.lk
手紙の書き出し: His Excellency the President, Mahinda Rajapaksa


(例文)

His Excellency the President, Mahinda Rajapaksa,

I am writing to express my concern that Ragihar Manoharan and four fellow students were shot dead by Sri Lankan security forces on 2 January 2006. The family of Ragihar Manoharan deserve justice and to know the truth about what happened to their son.

I urge you to publish the report of the commission of inquiry established in November 2006 which examined the killing of Ragihar Manoharan.

I also urge you to ensure that genuine investigations are carried out into this and other human rights violations in Sri Lanka.

Sincerely yours,


2)ラジハール・マノハランの家族への連帯のメッセージを送ってください。

宛先は下記のアムネスティ・インターナショナル気付にしてください。
なお宗教的なカードは送らないでください。

(宛先)
Dr K Manoharan and his family
C/o Sri Lanka Team,
Amnesty International
1 Easton Street
London
WC1X 0DW
UK

(例文)

Dr K Manoharan and your family

Greetings from (あなたの住まいの都市名).

I feel sorry to know that your son was shot to death by Sri Lankan security forces on 2 January 2006.
I would like to express my solidarity with you in seeking justice for the killing of your son.
You are not alone. Many people around the world are thinking of you.


Best regards,
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/167-9fbddd2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX