アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
2011/10/27(木)17:46
米国 クリスティ・チェラミー

AMR 51/071/2011

1994年、16歳のクリスティ・チェラミィーは仮釈放の可能性のない終身刑を宣告された。犯行時に18歳未満の人間にこのような刑を科すことは国際法に違反している。現在33歳のクリスティは、人生の半分以上を刑務所で過ごしている。

USA
成年裁判における彼女の陪審選任3日目に、16歳の彼女は自分のフィアンセの大叔母を刺殺したという二級殺人の罪を認めた。彼女の有罪答弁によって、裁判が進んでも彼女が死刑を宣告される恐れはなくなったが、彼女の有罪判決や刑期に対し彼女が直接控訴することはできなくなった。2001年、クリスティ・チェラミーは有罪答弁を取り下げることを求め、罪状認否の際に自分の権利や裁判手続きを理解していなかったと証言した。しかし彼女の申請は拒否された。

クリスティ・チェラミーの子ども時代は辛いものであり、性的虐待を受けていた。13歳の時には、自殺を図り精神科病院に入院した。

刑務所長はクリスティ・チェラミーを「社会での二度目のチャンスを受けるに値する模範的な受刑者である」と表現した。刑務所の中でクリスティ・チェラミーは勉強し、高校の卒業証書と農業学の学位を手にした。彼女は収容されているルイジアナ女性刑務所でこの教科の授業を数多く教えている。被害者の最近縁者のミルドレッド・ターネイジはクリスティ・チェラミーが二度目のチャンスを受けるに値すると語っている。

米国は、アフリカのソマリアを別にして、犯行時18歳未満の人間に釈放の可能性のない終身刑を宣告するべきではないと謳う国連子ども権利条約を批准していない唯一の国である。しかしながら条約の署名国として、米国はなおも国際法の下で、条約の目的や目標を否定すべきでないという義務を負っている。18歳未満時に犯した罪によって仮釈放の可能性のない終身刑を受けている人は米国に2,500人以上いる。

手紙を書いてください。
ルイジアナ州知事にクリスティ・チェラミーの恩赦を要請してください。18歳未満で罪を犯した人間に対する仮釈放なしの終身刑を遡及的に廃止するため、州法の制定に必要なあらゆる手段を取るように要請してください。

(宛先)

1 ルイジアナ州知事
Bobby Jindal
Governor of Louisiana
Post Office Box 94004
Baton Rouge
LA 70804-9004
USA

Fax: +1 225 342 7099
下記サイトに書きこんでください
http://www.gov.la.gov/index.cfm?md=form&tmp=email_governor
書き出し Dear Governor


(例文)

Dear Governor,

I am writing this letter to urge you to grant clemency to Christi Cheramie who is incarcerated at the Louisiana Correctional Institute for Women. She has been described by a prison warden as “a model inmate… worthy of a second chance in society.” She is one of those serving life imprisonment without the possibility of parole for crimes committed when they were under 18 years old.

I also urge you to take all necessary steps to ensure the enactment of state legislation that retroactively eliminates the sentence of life without parole for any crime committed by a person under the age of 18.

Sincerely yours,

2 バラク・オバマ大統領

子ども権利条約を留保なしでの批准の承認をえるように、米国上院に提出するよう米国大統領に要請してください。

宛先
Barack Obama
President
The White House
1600 Pennsylvania Avenue NW
Washington, DC 20500
USA

Fax: +1 202 456 2461

(例文)
Dear President,

I am writing to express my deep concern that the USA is the only country apart from Somalia not to have ratified the UN Convention on the Rights of the Child, which states that no person under 18 at the time of the crime should be sentenced to life imprisonment without the possibility of release.

Therefore, I urge you to submit the Convention on the Rights of the Child to the US Senate for its consent to ratification without reservation.

Sincerely yours,
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/149-70333b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX