アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/27(木)16:57
インドネシア フィレップ・カルマ

ASA 21/024/2011

フィレップ・カルマはパプア独立旗掲揚1周年記念式典に参加した後に15年の刑を受け服役中である。彼は2004年12月1日パプア州アベプラでの平和的な式典に参加した200人の市民のうちの一人である。禁止されているパプア独立の象徴「モーニング・スター」旗の掲揚に対し、警察は威嚇射撃を行ない、警棒で市民を殴打した。

インドネシア

フィレップ・カルマはその式典の会場で逮捕された。警察署へ連行される途中、警官は彼を殴打したと報告されている。彼はその後「反逆罪」で起訴された。2005年5月26日フィレップ・カルマは懲役15年の有罪判決を受けた。彼の判決は最高裁判所でも支持された。

2010年7月、フィレップ・カルマは減刑を宣告された。しかしながら彼は表現の自由という自らの権利を平和的に表現しただけで投獄されるべきではない、そして恩赦を受け入れることはこの原則を曲げることになると主張し、この減刑を拒否した。

アムネスティ・インターナショナルはインドネシアにおいて、州の独立要求など、いかなる州の政治的状況に関して特定の立場を支持することはない。しかしながら表現の自由の権利には、国民投票や独立を、あるいは差別や敵意、暴力への扇動を意図しないその他の政治的解決策を平和的に主張する権利が含まれるとアムネスティは考えている。

フィレップ・カルマは拘禁中病気で苦しんでいる。インドネシアの拘置所や刑務所の状態は劣悪でしばしば国連被拘禁者処遇最低基準規則を満たしていない。アムネスティはインドネシアの警察署や拘置所、刑務所における過密、劣悪な衛生設備、食べ物の不足、不十分な医療に関して、健康上の懸念を具体的に指摘している。2010年7月、フィレップ・カルマは治療を受けるためにジャカルタへ行くことを許可された。

拘禁中にフィレップ・カルマは彼や他の被拘禁者への虐待について、そして彼に対する起訴の適法性について、さまざまな抗議行動を実施している。アムネスティは彼を良心の囚人とみなしている。現在少なくとも70人が平和的に政治活動を実施したためにインドネシアの刑務所にいる。

今こそ行動を
1)法務人権大臣に次の内容の手紙を書いてください。
フィレップ・カルマとその他のインドネシアの良心の囚人を即時無条件に釈放するように要請する。
フィレップ・カルマが拘禁中に医療が必要な場合に治療を受けることができるように要求する。さらに彼が選んだ弁護士と面会できるように、また彼の家族が彼を訪問することができるように要求する。

(アピール送付先)

法務人権大臣
Amir Syamsuddin
Minister of Justice and Human Rights
Jl. H.R. Rasuna Said Kav No. 4-5
Kuningan
Jakarta Selatan 12950
Indonesia

Fax: +62 21 525 3095
書き出し: Dear Minister

(例文)
Dear Minister,

I call for the immediate and unconditional release of Filep Karma and all other prisoners of conscience in Indonesia.

I also urge you to ensure that Filep Karma has access to medical treatment if he requires it, lawyers of his choosing and visits from family members while he remains in prison.

Sincerely yours,


2)フィレップ・カルマに連帯のメッセージを手紙やハガキで送ってください。

(宛先)
Filep Karma
Melalui Cyntia Warwe
KONTRAS PAPUA
Jl. Raya Sentani No. 67 B.
Depan Ojek Padang Bulan
Jayapura, Papua
Indonesia

手紙の中にアムネスティのことを記載しないでください。メッセージは「(あなたの名前)からご多幸をお祈りします」を意味する以下の文章で始めることができます。

Salam hangat dari (        ).

(例文)

Dear Filep Karma

Salam hangat dari (         ).
I am writing to express my solidarity with you.
You are not alone. Many people around the world are thinking of you.

Best regards,
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://writingmarathon.blog88.fc2.com/tb.php/146-fdf10858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。