アムネスティ・インターナショナルが12月に全世界で行なうライティングマラソンの情報をお届けします。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/11/13(火)22:32
2011年のフランス支部が作成した動画です。
ちょっと怖い。

スポンサーサイト
2011/11/07(月)17:51
ご参考までに

ナイジェリア ポートハーコートでの強制立ち退きについて、スピーキングツアー2011で来日されていたディネバリ・ディヴィッド・ヴァレバさん(環境・人権・開発センター(CEHRD)のプログラム・オフィサー)に話を伺いました。2011年10月24日(月)大阪講演会にて。

Q:ポートハーコートで開発のために強制立ち退きが行なわれていることについて教えてください。

A:ポートハーコートにウォーターフロントと呼ばれる地域があります。ナイジェリアでは良い家というのは非常に高価で、非常に裕福でないと住めません。ウォーターフロント地域には貧しい人たちの家、小さな建物、小屋があるところがあります。その人たちは良い家に住むことができず、そういったウォーターフロントの小さな家に集まって住んでいます。彼らはそこしか住むことができないのです。

ヴァレバさん大阪講演会
[ナイジェリア ポートハーコートでの強制立ち退き]の続きを読む
2011/11/04(金)21:12
ジンバブエ 立ち上がるジンバブエの女性(WOZA)

AFR 46/018/2011

2003年2月以来、女性の権利団体「立ち上がるジンバブエの女性(WOZA)」のメンバーは、ジンバブエの社会、経済、人権状況に抗議する平和的なデモに参加した際に繰り返し逮捕されている。大勢の人が恣意的に逮捕され、ひどい状況で拘禁されている。活動への懲罰として、警察に留置された人びとの中には、拷問やその他虐待を受け、医療や食物、弁護士との面会を拒否された人もいる。

ジンバブエ
[ジンバブエ 立ち上がるジンバブエの女性(WOZA)]の続きを読む
2011/11/04(金)17:16
イラン モハマド・サディク・カブドヴァンド

MDE 13/075/20111

イランのモハマド・サディク・カブドヴァンドは平和的に自分の意見を表明しただけで、10年の刑を受け、投獄されている。

イラン
[イラン モハマド・サディク・カブドヴァンド]の続きを読む
2011/11/04(金)16:36
最新情報
メキシコ政府は一連の国際人権裁判所の判決で要請されていた段階の1つである、正式にヴァレンティナへの強かんと暴行について責任を認めました。
(イネスの件は別となっています。)
引き続き彼女たちへの適切な賠償金の支払いと効果的な保護を要求するアピールを送ってください。

************

メキシコ イネス・フェルナンデス・オルテガとバレンティナ・ロセンド・カントゥ

AMR 41/050/2011

2002年、イネス・フェルナンデス・オルテガとバレンティナ・ロセンド・カントゥは、メキシコ軍人によって強かんされた。彼女たちは、当局にこの強かん事件を通報し、自らの事件を追求したが、具体的な調査は行なわれず、だれも裁判にかけられていない。

メキシコ
[メキシコ イネス・フェルナンデス・オルテガとバレンティナ・ロセンド・カントゥ]の続きを読む
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター

プロフィール

urgentaction

Author:urgentaction
アムネスティ会員のサノです。
主に大阪事務所でボランティアをしています。
fwht6821@mb.infoweb.ne.jp

月別アーカイブ
 | アムネスティ ライティングマラソンTOPへ |  Next
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。